アイエムエフ株式会社は、貴社の課題に合わせた職場のメンタルヘルス対策をサポートします。

沿革

2002年 1月 会社設立(2005年11月にアイエムエフ株式会社へ社名変更)
2002年  6月 高齢者心理療法のガイドブック「高齢者のための心理療法入門(中央法規出版)」出版 (著者:南カリフォルニア大学Bob G. Knight Ph..D 監訳:長田久雄 桜美林大学大学院教授)
2002年 10月 がん患者のための心理療法セミナー開催(東京)
(講師:カリフォルニア大学ロサンゼルス校 David K. Wellisch, Ph..D.)
2003年  4月 スタンフォード大学OAFC(高齢者・家族センター)と提携
2003年  8月 「ケアをする人のためのストレスマネジメント:桜美林大学大学院夏期公開講座」共同開催
2003年 10月 介護する人の心の健康づくりハンドブック「お年寄りのこころ学」を出版、ビデオ同時発売(監修:長田久雄 桜美林大学大学院教授 )
2004年  1月 「主観的QOL評価尺度 Balance of Life-Plot (BOL-P)」を発表
(茨城県立医療大学 土澤健一教授と共同開発)
2004年  4月 日本医療企画:「介護ビジョン・介護マネジメント塾"ストレスマネジメント"」連載開始
2004年  4月 相談室開設(以降、企業・組織のメンタルヘルス対策支援業務を本格的に開始、支援企業・組織多数)
2005年  4月 生活協同組合(東京・埼玉・神奈川・千葉)メンタルヘルス対策支援業務受託
2005年 11月 働く人の健康増進と能力発揮に向けた「セルフコントロールシステム」リリース
2006年 11月 健康増進・介護予防のための脳フィットネス理論と実践講習会
(講師:征矢英昭・坂入洋右 筑波大学教授)
2007年  4月 (財)介護労働安定センター編集・発行「介護従事者のストレス対策BOOK」への指導・協力
2007年 10月 「TDMS-ST、TDMS-LT」(心理テスト)の発売開始 (坂入洋右 筑波大学教授と共同開発)
2008年  5月 中央官庁「メンタルヘルス研修」受託
2008年  6月 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と顧客サービス支援連携開始
2008年  9月 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社メンタルヘルス対策支援開始
2010年  3月 「TDMS-ST」の千葉テストセンター発行の心理テストカタログへの掲載開始
2010年  9月 顧問医(精神科医)制度の導入に伴い、企業への産業医・セカンドオピニオン紹介制度開始
2010年 10月 あいおいニッセイ同和損保 GLTD(団体長期所得補償保険)付帯サービス開始
2010年 11月 GLTD(団体長期所得補償保険)付帯サービス利用第一号の企業とメンタルヘルス対策契約締結
2011年  4月 日本医療企画:「介護ビジョン特集:介護職員のストレスマネジメント」アイエムエフ社取材記事掲載
2011年  5月 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 東日本大震災被災地対応業務開始
(~継続支援)
2011年 10月 「企業向けメンタルヘルス対策」社労士および弁護士との提携開始
2012年 9月 特定労働者派遣事業者に登録  心療内科クリニック等への心理士派遣業務開始
2013年  5月 メンタルヘルス登録相談機関に登録(独立行政法人労働者健康保健福祉機構の事業)
2013年 11月 東京都多摩地区において高齢者介護事業者対象にメンタルヘルス調査実施
2014年  4月 「こころのダイアグラム」(心理テスト)の試作品開発 (坂入洋右 筑波大学教授と共同開発)
2014年 4月 日経BP社:「日経ヘルスケア:後れを取る医療・介護職員の健康管理」アイエムエフ社取材記事掲載
ページトップへ戻る