アイエムエフ株式会社は、貴社の課題に合わせた職場のメンタルヘルス対策をサポートします。

『行動分析学を活用したマネジメント』を学ぶ社内研修を開きました。

今回の定例社内研修では行動分析学に基づいたマネジメントのあり方を学びました。

企業・組織のメンタルヘルス対策の中で特に重要な役割を担うのは管理職の皆様です。
昨今のメンタルヘルス不調者の増加を鑑みると、管理職の皆様がメンタルヘルス面を考慮したマネジメント手法を取り入れることは、組織として避けて通れない課題になっています。

行動分析学とは、動物や人の行動の原因を、その行動により引き起こされる状況の変化によって説明しようとするものです。
「Aさんは人の言うことを聞かないからダメだ」などとレッテルをはらずに、上司や同僚が意図的にある状況の変化を作り出すことで、Aさんの行動を組織にとって望む方向に変容させることを目指します。

上司、部下の両方にとってストレスの少ない職場運営を実現していくには、このような行動の原理を理解することも大切です。
弊社では今後とも、行動分析学を始め科学的な根拠に基づいたメンタルヘルスサービスの構築と提供を続けてまいります。

サイコロジカル・ファーストエイド(PFA、心理的応急処置)の社内研修

ページトップへ戻る